埼玉県 羽生市 木村 歯科 医院 インプラント

 

 

スタッフ

 

医療法人社団正匡会

木村歯科医院

インプラントセンター

 

〒348-0058

埼玉県羽生市中央2-7-10

iタウンページ

 

TEL 0120-255-418
   048-561-0808

FAX 048-563-4935

 

■診療時間

午前9時〜午後1時

午後1時30分〜午後6時

 

■休診日

日曜日

※月1回日曜診療有

(午前10時〜午後5時)

 

■予約受付時間

月〜土 午前9時〜午後6時

 

 

お問合せ

 

木村歯科医院

 

ワンランク上の歯科治療

 

トリートメントコーディネータから見た歯科治療

 

 

 l インプラント l All-on-4(オールオンフォー) l インプラントのメリット・デメリット l 治療費 l 医療費控除 l

 

 ■ インプラントとは

インプラント

【 治療法 】

 

 インプラント治療ではまず、純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯の無くなった部分の骨に埋め込み、抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。その上に差し歯の要領で歯を作っていきます。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地は、ほぼご自分の歯と同じです。

 

 

        

 

 

          インプラント断面     人工歯根

 

 

 インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に負担をかけることはありません。しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。

 

 また、インプラントの素材に使われるチタンは骨との結合性が優れており、生体への拒絶反応やアレルギー反応がありません。現在ではチタンが最も生体親和性があるといわれています。

 チタンはインプラント治療以外にも、外科などで骨折を固定するためのボルトなど一般的に使われており、身体に最も安全な金属といわれています。

 

 

【 無痛手術 】

 

 手術は親知らずを抜くより負担が少ないことも多いですが、どうしても手術が怖いと思う方の為に、当歯科医院では、専門の麻酔医による静脈内鎮静法(無痛点滴麻酔)もご用意しています。治療が終わるまで全く痛みを感じずにインプラント手術ができます。(全身麻酔ではありませんので、入院の必要はございません)

 

 手術中は麻酔医が呼吸・血圧・脈拍などをモニターで管理し、術後まで責任を持って患者様に付き添います。

 

 手術という言葉を聞くと、「痛い」「怖い」といったイメージがありますが、無痛治療では寝ている間に治療が終わりますので、気付いたら手術が終わっていたという患者様も多く、好評をいただいております。

 

                         麻酔医 

 

 

【 10年保障 】

 

 当歯科医院で行うインプラントは、世界で最も使用されているスウェーデン製のブローネマルクインプラントです。このインプラントは既に30年40年の予後が確認されている世界で唯一の安全で安心なインプラントです。

 

               ノーベルバイオケア       ブローネマルク

 

 世界で唯一40年間以上の歴史をもつ、ブローネマルクインプラントは、世界50カ国以上の国々で1000万人以上の患者様の治療に使われている、世界シェアトップのシステムです。 数あるインプラントの中では高額ですが、品質の証として当院では10年保障をお付けしております。

 

 

 

                       シンプラント

 

 できれば事前の審査のためCT撮影をさせていただいております(CT撮影代無料)。

 

All-on-4 (オールオンフォー)

 All-on-4(オールオンフォー)とは、歯が1本も無い方や歯が残っているが揺れていて噛めない等で全部抜かなければならない方に1日で咬めるインプラントを入れる技術です

 

         

 

 実際の手術から噛めるまでが手術日の1日で済みますので、歯がなくて噛めない期間が当然その日の昼間だけとなり、帰宅後夜には簡単な食事ができます。仮に仕事を休んでも1日です。

 

  好評の専門医による点滴の麻酔を併用しての無痛手術で腫れもほとんどありません。

 

 手術については、インプラントの本数で治療費が決まるのではなく、通常4本から6本のインプラントを入れたら12本分の固定義歯を装着します。

 

                       CT

 

  特に当院の特徴は安心安全の為、事前審査はCTも含め確実に行い、当日装着する固定義歯もメタルフレームのハイブリッドセラミック製の物を院内常勤技工士が製作します。もちろん外注ではないので様々な対応が即座にできる事で最終義歯となる固定義歯が当日セットできます。

 

  治療価格には通常大学病院で装着するアクリリックレジンの固定義歯でなく最終固定義歯のメタルフレームハイブリッドセラミック義歯が含まれての金額です。アクリリックレジンの固定義歯はいずれ追加治療で最終固定義歯に置き換えなくてはなりませんが大学病院でも追加料金がかかります。

 

  また統計でオールオン4のトラブルで一番多いのがアクリリックレジンの固定義歯の破損です。 破損によりインプラントが駄目になってしまうのです。当院でのトラブルはありません。

 

インプラントのメリットとデメリット

 メリット ○

インプラントの原材料は、心臓のペースメーカにも使用されているチタンです。チタンは、金属でありながら、骨と直接くっつく特性を持っています。

自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができるため、食べ物の味わいや感触がよくわかります。

残った歯や組織を傷めず、噛むことで骨が活性化され、骨密度まで上がります。

噛むという事で顎を使い唾液の分泌を促します。 唾液が出るという事は脳血流量を増加させ痴ほう症を防止すると言われています。

噛む力をインプラントが負担しますので、周囲の残存歯を守ります。

インプラント単独で機能できるので、ブリッジのように歯を削らない治療です。

固定性で取り外しの必要がないので入れ歯の引っかけを残りの歯につける必要がありません。

(通常は入れ歯の引っかけに大きな負担がかかり揺れてしまう事が多いです)

普通に味わって食べる事で、噛めない時より精神的な満足感が大きくなります。

 

 デメリット ×

手術が必要(手術と言っても親知らずを抜くより簡単な場合が多いです)

体調や病気によってはできない事がある(鼻の病気や重篤な病気を持っている場合です)

費用がかかる(保険診療ではできません。インプラントのメーカーによっても値段が違います)

治療期間がかかる(一概に長いわけでなく、その日に咬めるインプラントもあります)

 

医療費控除

 

 

年収が300万円の場合、給与所得控除後の所得は、193万2200円。

所得が200万円未満なので、50万円-所得の5%が医療費控除額になります。

(193万2200円×5%=9万6610円)

確定申告の際に、40万3390円の医療費控除額を申告すると、

税金が約6万円(所得税約4万円・住民税約2万円)安くなります。

確定申告の際に、40万円の医療費控除額を申告すると、

税金が約12万円(所得税約8万円・住民税約4万円)安くなります。

確定申告の際に、90万円の医療費控除額を申告すると、

税金が約45万円(所得税約33万円・住民税約12万円)安くなります。

 

 

 

その他、確定申告に必要なものとして、

  

 

※詳しくは国税庁タックスアンサーのページへ。